西丘文化センターまつり「体験を通して」

11月17.18日の2日間 西丘文化センターまつりが開催され「1日目の体験コーナーと展示作品」を取材してきました。

【17日】展示部門、体験コーナー(手描き友禅、押し花、ハーバリウム、太極拳)
【18日】芸能部門、展示部門、バザー、料理の試食、野点席と充実とした2日間をご紹介します。

華道の作品

華麗に生けられた、ほのかに香る華々に癒されました。

手描き友禅

体験コーナーの様子。押し花や落ち葉を個々の感性でイメージしながら選びます。 選んだ押し花や落ち葉をいよいよ布に仮置きしていきます。

ここは真剣にバランスをみながらピンセットで置いていきます。(楽しい時間です)仮置きした押し花や落ち葉に、動かないように小石で固定しておきます。 白井 晶子先生の丁寧なご指導のもと、押し花や落ち葉の上に、色を加えていきます。

友禅の顔料で緑色とオレンジ色の2色を使って、専用のブラシと網で軽く色づけしていきます。

同じところを繰り返し濃くしたいときは、何度も同じところをこすります。

薄くしたいときは、回数を減らしてこすります。その加減が難しいところです。

かわいらしい押し花も置き方によって、変化があり、それぞれで面白いです。

手描き友禅

私も体験してみました♪

私のテーマは「秋」。壁に飾りたいと思ったので、思いきって全体的に配置してみました。

紅葉を楽しむというイメージをしながら、木々があり色とりどりの落ち葉などを踏みしげる音、秋のグラデーションを出せるようにオレンジと緑を色合いにこだわってみました。

完成

顔料を振りかけ終えて、押し花や落ち葉を取り外していくと、出来上がりです。この工程から、さらに色付けをしていきます。(時間の関係で色付け出来ませんでした)

体験を通して、約1時間でしたがこの時間が本当に楽しかったです。

先生方や参加されいる方々とお話しをしながら作っていくことは、とても良い時間でした。

ハーバリウムづくり体験コーナー

今、とても人気でプレゼントにも喜ばれるアイテムですね。2階では、展示とバザーが催しされ、会場に入るととても賑わっていました。

手描き友禅

とても細かい手仕事です。色つげされるとまた、友禅が引き立ちますね。


編み物

一際目立ったブルーのブランケット、ニットなど、編み目も細かく丁寧な仕上がりに感動しました。


パッチワーク

布を切り、それを細かく手縫いで仕上げていく工程から、1つの作品に仕上がっていく。素晴らしいことです。

布遊会

手作りの洋服や小物が沢山展示されていて、バザーも催しされていましたので、試着される方やお買い上げされる方で賑わっていました。クリスマスのオーナメントも可愛らしかったです。ドールもとても素敵でした。
レース使いの細かさが素晴らしいです。

Good Hands

ペーパーでここまで出せる立体感!
アーティスト感に感動しました。パッチワークの「ちりゅっぴ」にも、びっくりしました♪

体験を通して

それぞれ技法は違いがあっても、体験することで交流があり、楽しく作品を作り上げていくことが出来ます。

より多くの方が参加されて、賑やかな日々を過ごしてみるのも良いですね。

取材:橺山 有香 掲載作業:山中 邦康

スポンサードリンク

1 Trackback / Pingback

  1. 「八百屋のお七の上演も」西丘文化センターまつり 第2弾! | 知立市 -CHIRYU 輝 PROJECT-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*