子ども向けイベント成功の秘訣を「ちこフェス」で学ぶ!

子どものために企画されるイベント。1年をつうじてあなたが住む地域でも、数多く開催されていると思います。愛知県知立市で12月2日(土)、3日(日)に今年で第4回目を迎える「知立こどもフェスティバル」。通称「ちこフェス」は、子育て世代を中心としたパパさんママさんの有志で開催される、壮大な子どもフェスティバルです。恒例の天才クイズやダンスパフォーマンスに、市内の幼稚園児から高校生までを対象とした、超本格な職業体験「キッズジョブ」も目白押し。今回は、「ちこフェス」でイベント成功の秘訣をいくつかご紹介したいと思います。

1、ブーズごとの創り込みがスゴイ!

子ども向けだからこそ、半端なクオリティーでななく本物志向。写真は「警察官になろう」の1コマですが、子どもたちが夢中になるストーリー、お題、犯人役、警察役を見事に演じる大人たち。

ミッションの事前説明も子どもたちが楽しめる仕掛けが用意されています。

昨年2016の警察官、犯人の集合写真

2、キッズジョブ体験は本物ばかり!

お花屋さんになろう=本物のお花屋さんが講師。自衛隊員になろう=本物の自衛隊員が講師。大工さんになろう=本物の大工さんが講師。

他には、パティシエ・消防隊員・車やさん・カメラマンになろう、などその道のプロの指導のもとキッズジョブがおこなわれる。

3、バリエーションが豊富!

写真は今年も実施される「ネイリストになろう」。美意識をもった子どもたちへの体験の場、キャンドルアーティスト、イラストレーター、科学者、薬剤師になろう、など毎年新たなラインナップが充実しています。

4、大ホールでは白熱のクイズバトルや大人気のゆるキャラも大集合!

テレビ番組さながらの「ちりゅう天才クイズ」。今年は、だれが天才の称号を手にするのか!?今年のゆるキャラグランプリ2017で全国準グランプリ。愛知県知立市の名を全国に轟かせた知立市マスコットキャラクター「ちりゅっぴ」。

「ちりゅっぴおたんじょうび会&感謝祭」が3日、午後2時~午後5時に開催されます。

今年も豪華キャラさんたちがお祝いに駆けつけてくれるそうです。

5、屋外エリアもフル活用!

こどもから大人までダンス発表や、知立の「うまいもん」がパティオに所狭しと出展します。

6、学生から大人ボランティアが運営!

これだけのイベントを支えるのは容易ではありません。市内学生ボランティアも集まり、大人は、ほぼ一年をこの日のために動いています。まだまだ紹介しきれないコーナーばかりですが、規模内容ともに充実した催しというのがお分かりいただけたのではないでしょうか!?ぜひ実際に足をはこんで「ちこフェス」を見学してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*