知立ドリームイルミネーション 2016

【 Dream Illumination 2016 】

 

 12月24日、クリスマスイブの知立市新地公園

今年も数千人の来場者が異様な熱気に包まれました

人気芸人「フルーツポンチ」・「さらば青春の光」・「ミスリップカンパニー」による目玉イベントも大盛況!

「知立ドリームイルミネーション」やはり、一番お伝えしたいことは、25万球のLED電球すべてを、ボランティアの手で今年も飾りつけたという事です。(今年は命がけ、18mの巨大タワーも設置)

《山本学園の生徒さんたち》

飾りつけをおこなった設営者の若手、生徒さん達のエピソード。設営初日は「こんなペースでは間に合わない」。と不安に思っていた大人たち。そんな心配とは裏腹に、日を重ねるごとに、どんどんスピードをあげて作業が進んでいったそうです。寒いなか、急斜面をものともせず元気に、損得勘定ではなく「誰よりも楽しんだもの勝ち!」という姿勢が大人たちにとても良い刺激になったそうです。

オープニングあいさつで、代表生徒は「私たちが頑張って飾り付けたイルミネーションをぜひ見てほしい」という、みんなで苦労を重ね、協力して出来た達成感とともに、自信に満ち溢れた良いあいさつでした。

《24日の最終準備》

知立青年会議所さんを中心に家族、知人は朝早くから振舞い用のとん汁の具を切ったり、お汁粉用のコンロ調整、巨大光ツリーの張り直しなど、会場設営に余念がありません。

《夢の対決!》

子ども達はテレビで見る芸人さんたちと、ゲーム形式で対決をおこなう「知立ドリームイルミネーション」のスペシャル企画。

ちりゅっぴを描いてみよう!では、奇想天外なちりゅっぴも登場し、フラフープ対決、リフティング対決では運動神経ゼロ芸人がダメっぷりを来場者が目の当たりにし、大盛況でした。

《お笑いスペシャルクリスマスコンサート》

・地元高校生「TAKUYA」はクリスマスムードたっぷりの素敵な歌声を披露し、歌唱中に会場に駆け下りてプレゼントを手渡すシーンで会場は大きくヒートアップ。

・お笑いライブ、前座には名古屋吉本芸人「ミスリップカンパニー」が寒そうな姿で会場を温め、「さらば青春の光」「フルーツポンチ」が人気ネタを披露。

《遠方からの来場も多数》

名古屋・小牧・岡崎・一宮ナンバーなど、昨年に増して市外の来場も多く、注目度の高さ、イルミネーション会場としての認知度をうかがい知ることができました。

大きな夢とロマンを掲げ、それを見事に具現化する。

日夜活動されていた、角田実行委員長を筆頭に、実行委員会、関係者のみなさま、「今年の冬の最大のプレゼント」をありがとうございました

《今年のメディア情報》

中京テレビ「キャッチ」特集放送、「冬ぴあ」・「るるぶ」・「愛知県観光協会」・「西三河ぐるっとナビ」・「あいちナウ」など、冬のスポットとして雑誌やメディアに広く発信されました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*