知立まつり 囃子連

『本町』『西町』『宝町』『山町』『中新町』。

それぞれの町の稽古場では、「大太鼓」「小太鼓」「笛」「小鼓」「大鼓」「三味線」

様々な楽器の音と掛け声が鳴り響き、お稽古が行われていました。

集中した雰囲気の中、先輩方々が一人ひとりに後輩に付き教えている姿は、お祭りへの意気込みも感じられると同時に、

後輩を思いやる姿に心をうたれ、取材をしていることを忘れてしまいそうになるぐらい見入ってしまいました。

太鼓を待っている間も、座布団を叩いたり声を出したりと、みんなそれぞれに頑張っている姿も見えました。

こうした伝統を通し、お師匠さんにお稽古を受け礼儀も学び、素直に聞き入るお子さまの姿が、とても素晴らしく輝いていました。

そしてこの様にして伝統や礼儀、お囃子の誇りが受け継がれていくものなんだと改めて感じました。

おまつり本番で代表的な演奏曲として・・・


道中…地囃

転回…神舞。帰り囃子、シャギリなど、元気な楽器と掛け声が鳴り響きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*