本町 人形連

今回は本町さんの文楽の稽古場にお邪魔させていただきました。

■演目《壷坂観音霊験記》(つぼさかかんのんれいげんき)

本町文楽 見どころ

盲人の沢市と、その妻のお里、若い2人がお互いを想い合う純愛物語です。

その中で、沢市はお里の幸せを願い身投げをし、それを追ってお里までも身投げをする場面。

沢市、お里がそれぞれ山車の上から落ちていくのです…

とても悲しく切ない感情が人形から伝わってきます。

写真はここまで…。しかし終盤、観音様の慈悲により2人が生き返り、沢市は目も見えるように!その喜びと感謝から、ありがたや!と舞い踊る場面は、見ている人を本当に楽しませてくれます。悲しみ、辛さを乗り越え、2人の愛が観音様に届き……最後には真の幸せに導かれる。心が温まる物語となっております

最大の見どころは本番で!お楽しみに。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*