第2回ちりゅうこどもフェスティバル

「第2回ちりゅうこどもフェスティバル」(ちこフェス)は、2015年11月28日・29日にパティオ池鯉鮒を全面イベント会場にして開催され、両日とも、創意と工夫で洗練された、様々なイベントに、たくさんのこどもたちの、笑顔と、楽しい学びに溢れ、大盛況で幕を閉じた。そんな「ちこフェス」の魅力満載なイベントをいくつかご紹介いたします!

《ちりゅう天才クイズ2015》

「ドッキンドッキン どっちかな ?」知立市内の小学生 400名が知立に関連する出題に〇️×で答え、天才の称号を目指す、クイズに挑戦しました。大ホールは満員で、テレビ番組さながらの光景でした。天才キッズ、見守る大人たちは会場ごと一体となり、解答後のどよめきに、歓喜の声。わくわくドキドキのひと時でした !!

天才賞!つづいて《キッズジョブ ~ お仕事体験 ~》「未来の自分を見つけにいこう!」

■警察官になろう

■パティシエになろう

■ガードマンになろう

■自衛隊員になろう

■お花屋さんになろう

■くるま屋さんになろう

憧れの職業を実体験したことで、未来の自分をイメージするきっかけになっていたことでしょう。

《ちりゅっぴをさがそう》今回のリポーターくんちん

 知立市内すべての保育園・幼稚園のみなさん、知立市内の高校のみなさんが制作された作品の数々を展示。 そのなかに隠れたちりゅっぴをさがしてみようという企画です。「くんちん」もちりゅっぴを探してみました。まだまだお伝えしきれないほど魅力の詰まったイベントがたくさんあります。他にも内容を確認したい方はちこフェスさんのホームページをみてくださいね。http://chikofes.org/

《ちこフェスとは》

「子供にやさしい、夢を育むことのできるまち」そして「家庭や家族のように感じることのできる。誰もが住み続けたいと実感できるまち知立」を目指して市民が立ち上がりました。

「多くのこどもたち、こどもを見守る大人たちが一同に集う祭りを開催したい」この言葉を旗じるしとして、行政発信ではなく、同じ志をもった知立市民が、自ら企画・運営を行っています。今年で2回目の開催ですが、すでに知立を代表する『こども総合文化祭』といっても過言ではありません。

こどもたちはイベントを通じて、様々な人とふれあい、学びや気づき、感動、実りある一日を過ごせたことでしょう 。 この出逢いをきっかけに、多くの人たちが心と心を結び、世代を越えたつながり、地域や、家庭、学校、今後も新たな連携がうまれることを期待したいと思います 。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*